週末が来い

20代会社員♀の備忘録。

仕事で悩むということ

前職の経理事務は約5年務めましたが、仕事の悩みを持つということがほとんどありませんでした。

たまにミスをして先輩に叱られて凹むときはありましたが、そのような経験は誰しもあると思います。

でも、尾を引くような大きな悩みはなかったような気がします。

その代わり、恋愛面ではたくさん悩み事があって、職場でしょっちゅう相談していたくらいでした(笑)

なので、仕事の悩みを持っている人を見ると、「そこまで仕事について深く考えられるのってすごいなぁ」と尊敬していました。

「私ももっと仕事に真剣にならなきゃ」「恋愛のことばかり考える前に、目の前のことに一生懸命にならなきゃ」と本気で思っていました。

 

しかし、今思うと、当時の私は職場環境に相当恵まれていたということに気付きました。

だから悩みが出なくて当たり前なんです。

それは今の職場に転職し、日々仕事のことで悩むようになってわかったことです。

仕事の悩みを持つという、ある意味憧れていた体験をした結果、「悩み事なんてない方が良いに決まっている」という当たり前のような結論に至りました。

まあ、恋愛の悩みは以前に比べれば減りましたけどね!

やはり一度にいろんな悩みを持つのは無理みたいで、どれかの比重が大きくなると他のは小さくなるみたいです。

これも何となく想像はついていましたけど、いざ体験すると腑に落ちました。

 

以上のことから、恋愛で悩んでいる人よりも仕事で悩んでいる人の方が人生を一生懸命に生きているような気がしていたのは、ただの思い込みだったということがわかりました。

仕事にせよ、恋愛にせよ、悩み事があるのはストレスですよね。

どうしようもない悩みがあるなら、時には逃げるが勝ちかもしれません。

私は入社して3ヶ月半ですが逃げることにしました。

でも、こんな風に新たな気付きがあったのは良かったです。

次の職場ではあまり悩まずに楽しく働きたいな〜!悩むとしても、自分の成長に繋がるような悩みだったら良いな!と思います( ´∀`)

 

転職活動を始めました

以前、「転職を考えている」という記事を書きました。

weekend-koi.hateblo.jp

 

ついに!ついに!!

求人に応募しちゃいました( *´艸`)

 

恐らく上司が変わったことがきっかけで、最近から急に課せられたノルマが達成できなかったときに厳しく言われるようになり、やっぱり営業職は向いてないなぁと感じました。

それから、ずっと見て見ぬフリをしていましたが、限りなく黒に近いグレーな企業であることに強い不満を感じるようになり、一気に何もかもが嫌になりました。

毎朝「仕事行くの嫌だなぁ…」と感じているのを抑えつけて騙し騙しやってきましたが、もう限界だということに気付きました。

これ以上無理をして体を壊す前に、勇気ある撤退!…ということで、転職活動を始めました。

 

狙っている職種は事務です。

できれば土日祝休みのところを。

人気が高い職種なのでなかなか決まらないかもしれませんが、ハロワに通ってのんびり探そうと思います。

とりあえず、今、5社に応募中です。

何か進展があれば報告いたします!

夫に可愛く甘えたつもりが失敗した話

以前ご紹介した「溺愛理論」と「既婚メス力」を実践している中で、相手に頼る・甘える・お願い事をするというシーンがあります。

 

・「私は〜したい」と私を主語にする

・可愛くお願いする

 

などのルールがあるのですが、私が今回やらかしたのは、実家に週1以上のペースで寝泊まりする夫に「寂しいから帰ってきてほしい」とお願いしたことでした。

ルールに則って実践したつもりでしたが、翌日帰ってきてくれた夫はストレスで体調悪化(現在、鬱病のため自宅療養中)。

後の話し合いで「『寂しいから』って言われたら帰ってくるしかない。自由を縛られてるみたいでストレスだった」と教えてくれました。

 

些細なことだけど重大なミス

では、どうすれば良かったのか?という話なんですけど、こちらも夫が教えてくれました。

 

「『寂しいから』じゃなくて、『会いたいから帰ってきてほしい』とか『帰ってきてくれたら嬉しい』って言えば良かったのに」

 

これ聞いた瞬間、そんなに簡単なことだったんだ!!!と衝撃を受けました。

でも、確かに、受ける印象が全然違いますよね。

自分でも気付かないうちにネガティブな感情をぶつけてしまっていました。

理由がポジティブなら「あなたがいたらもっと幸せ」というメッセージが伝わるでしょうし、私のようにネガティブなら「あなたがいないと困るのよ!今までずっと辛かった!」と責めているような感じが伝わってしまいますね。

 

あと、最初に「帰ってきてほしい」と伝えたら「えー…」みたいな反応されたんですけど、そのときに「だって寂しいんだもん」と追撃したんですね。

それもマズかったな、と反省しました。

嫌がってるのに有無を言わせない感じで頼むのは失礼だし、嫌な気持ちにさせてしまって当然だと思います。

 

「何のために実践するのか?」が大きな差となる

結局、私は夫をコントロールしようとしていたということに気付きました。

それでは上手くいかなくて当たり前です。

 

何のために溺愛理論をやるのか?

何のためにメス力を高めるのか?

今一度、考えさせられました。

実践したところで相手を思い通りにできるわけではありません。

むしろ、思い通りにしようとすればするほど、状況は悪化するということがわかりました。

じゃあ、何のために実践するのか?

…それは、夫と2人で幸せになるためです。

 

今後は「私の思い通りになるか?ならないか?」ではなく、「お互いに幸せか?幸せじゃないか?」ということに注目して実践を続けてみようと思います。

いつも感謝の気持ちを忘れないようにしたいです。

転職して3ヶ月、また転職を考える。

今年の2月末で今までの仕事を辞め、3月からパソコン教室のインストラクターになりました。

小さい頃からパソコンが好きだったし、向いてるかなと思って。

でも、想像以上に大変でした。

 

・自分の知識が足りず、生徒からの質問に上手く答えられない(これは私の問題ですね)

・社員の定着率が低く、慢性的な人員不足

サービス残業が多い

・思ってたより営業要素が強い

・事務作業がやたらと多い(しかもアナログ)

就業規則を見たことがない(東京の本社にあるらしいけど…)

・高いパソコンとプリンターを売りつけてる

 

こういった理由で、早くも転職を考えたりもしました。

まだ転職して3ヶ月経ってないんですけどね!(笑)

でも、せっかく入社したので、吸収できるものは全て吸収してから辞めてやろうと思いまして、最近から勉強に力を入れ始めました。

今の職場にいる限りは無料で授業のコンテンツ見放題ですし、検定試験の受験料も支給されます。(ただし不合格だと自腹)

だから、身につけられる分だけスキルを身につけ、取れる分だけ資格を取り、知識不足を解決した上でそれでも合わなければ転職しようと考えています。

 

知ってて転職したけど、前職のホワイトっぷりが眩しいですね〜( ´∀`)

あんなに良い会社はなかなかないと思います。

でも、今は今でめちゃくちゃ勉強になってるし、力を付けさせてもらっていると感じています。

「接客とか無理!」って思ってたけど、今じゃ毎日生徒さんと接していますし。

なので、転職をしたことは後悔していません。

合わなければ次を探すまでなのです(`・ω・´)ゞ

夫婦仲が良くなったきっかけ

先月からとある方法を試してみたところ、夫婦仲が良くなってきました。

喧嘩が激減したり、私が欲しかった物を率先して買ってくれたり、スキンシップが増えたりなどの効果がありました。

私が実践してみた2つの方法をご紹介します。

 

1.溺愛ループを回そう!

まず1つ目は、瀬里沢マリさんの「溺愛理論」 です。

「溺愛理論」27のルール どうしようもなく愛される女になる

「溺愛理論」27のルール どうしようもなく愛される女になる

  • 作者:瀬里沢マリ
  • 発売日: 2019/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

まずは自分で自分の機嫌を取り、男性の愛情を信じ、可愛く甘えてしっかり感謝の気持ちを伝えましょう…という内容です。

 

こちらの新刊も良かったです!

結婚する前は褒める内容が大事で、結婚してからは褒める頻度が大事みたいです。

自分の行動を振り返ってみると全然褒めてなかったことに気付いたので、読んでからは「すごいね!」「さすが!」などの褒め言葉を意識して伝えるようにしました。

 

2.メス力を高めよう!

2つ目は神崎メリさんの「既婚メス力」 です。

本は読んだことないのですが、ブログを読むだけでも勉強になります!

こちらの記事とかオススメですね。

 

「既婚メス力」とは、感謝・褒める・立てる・頼るの4点セットのことです。

感謝、褒める、頼るの3つは「溺愛理論」でも共通しているので、やっぱり大切なんだなと改めて思いました。

 

立てることについては、以前読んだ「サレンダード・ワイフ」にも詳しく書かれているので、興味のある方は一読してみて下さい。

 

まずは自分を大切にしよう

最初は甘えたり、感謝の気持ちを伝えたり、褒めたりするのが照れ臭くて難しかったですが、やっていくうちに慣れていきました。

私もまだまだ完璧にできているとは言い難いですが、無理のない程度にやっていくだけでも効果は感じられると思います。

実際にやってみて効果が出てくると、夫婦仲が良くなること自体はもちろん、自分をコントロールすることができて良い方向に導けていることに喜びを感じました。

外側からも内側からも自己肯定感が上げられていく感じですね。

 

まずは自分で自分の機嫌を取り、心に余裕のある状態で取り組むのが大切です。

余裕のない状態でやってしまうと、思い通りの結果が出なくてイライラしてしまう可能性があります。

それに、どれだけパートナーから愛されたとしても、いつでもどこでも100%自分の思い通りになるわけではありません。

結局、自分を一番満たせるのは自分自身だということですね。

 

コツとしては、自分で愛せない代わりに誰かに愛されようという穴埋め的な思考でやるよりも、自分がその人を愛しているからやるんだという自主的な思考でやった方が上手くいくと思います。

前者の場合、「愛されたい」という気持ちが強いため、自ずと媚びてしまう危険性や余裕のなさが出てしまう危険性があります。

私もずっと前者の思考だったのでなかなか上手くいきませんでしたが、自分の機嫌は自分で取ることを前提で考え始めたら、無理なく続けられて効果も感じられるようになりました。

ぜひ参考にして頂けたら幸いです!